スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > メス猫の避妊手術で性格は変わる?

メス猫の避妊手術で性格は変わる?

2018.06.18
メス猫の避妊
オス猫の去勢手術では一般的に手術後には性格が穏やかになる…ということが言われますが メス猫はどうなんだろう?と手術前に疑問に思う飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。 オス猫は性ホルモンの影響が抑えられることで、繁殖のための欲求が無くなります。 それに伴う攻撃性や行動性が低下するため、穏やかな性格になると言われます。 ではメス猫の場合はどうか、今回はその点について書いていきたいと思います。

メス猫の性格はキツイ?

一般的にメス猫の性格はクールなことが多いと言われています。 オスがやんちゃで遊ぶことが好きな子が多く、甘えたがりと言われているため、 メス猫の方がやや不愛想に思うかもしれませんが 猫本来のイメージに近い性格をしているのかもしれません。 あまり感情をストレートに出すことが少ないため 大人しく運動量も少なめな印象を持つ仔が多いです。 でも甘えたり遊んだりする場面もしっかりとあり その様子はまさにツンデレという感じかもしれません。 ただ上記は一般的に言われていることなので 個々の性格の差はやはりあります。

避妊手術後の性格の変化

避妊手術によって本来の性格が大きく変わるということは無いように思います。 ですが穏やかになったという飼い主さんの声も聞かれます。 メス猫は発情期には食欲が落ちたり 物陰に隠れてしまって人に近寄らなくなることもあります。 発情に伴ってやはり身体がストレスを感じ イライラしているような行動になることが多いようです。 避妊手術によって性ホルモンが抑えられ 発情に関するストレスもなくなると 通念を通して安定した精神状態を保つことができるため 以前よりも穏やかな印象になるのかもしれません。

飼い主さんへの甘えも増える?

避妊前には発情期にはやはりオス猫へと意識が向くものですが 避妊手術をするとそのような意識も無くなり その分飼い主さんへと意識が向くようになるようです。 そのため手術前よりもすり寄ってくる機会が増えたり かまってほしがる様子がみられるかもしれません。 ツンデレのデレの部分が増えてくれるとあれば嬉しい変化ですね。

発情行動は無くなる?

性ホルモンが抑えられるので、発情行動はやはり起こりにくくなります。 メス猫の発情行動とは ・頭や首をこすりつけてくる ・胸部と腹部を床につけ、後肢を垂直に立ててお尻を持ち上げる姿勢をとる ・高い鳴き声でなく ・尿のスプレー ・落ち着きなく外に出たがる などです。 このような行為がなくなることでも以前より落ち着いた様子に見えるのでしょう。

まとめ

避妊手術で性格そのものが大きく変わることはありませんが 落ち着いた生活が送れるようになる猫は多いようです。 個体差はもちろんありますが、発情期のイライラが強い印象の仔には 効果的かもしれません。 気になる場合には、まずはかかりつけの獣医師に相談してみて下さい。        
TOPへ戻る