スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > アレルゲンから遠ざけることで予防する│猫の喘息について

アレルゲンから遠ざけることで予防する│猫の喘息について

2023.01.18
猫の病気

猫が突然うつむいて、首を伸ばしてゼーゼーと変な呼吸をしはじめた。

急なことで驚かれる飼い主さんも多いと思いますが、もしかしたらそれは、猫の喘息かもしれません。

そもそも喘息は、炎症によって気道(空気の通り道)が狭くなることで、反復する発作性の呼吸困難が起こる病気です。

えずいているようにも見えるため、飼い主さんが嘔吐と勘違いされることもあります。

適切な対応をしてあげるためにも、情報を整理しておきましょう。

 

原因|アレルギーとの関連が疑われている


はっきりとはわかっていませんが、ハウスダストやタバコ、芳香剤、花粉といった刺激物に対するアレルギーの関与が疑われています

トイレの芳香剤や飼い主さんの香水なども刺激物になり得ます。

また、ストレスも原因の1つではないかと考えられています。

 

症状|繰り返す突然のゼーゼーした呼吸、咳、チアノーゼ


発作時には急に頭を下にむけ、首を伸ばして、ゼーゼーやゲーゲーといった音を立てて苦しそうに呼吸をしたり、咳をしたりします

発作は一時的で自然に止まる場合もあれば、舌が青白くなるチアノーゼを起こすほど続く場合もあります

チアノーゼは低酸素状態に陥っている場合に見られる症状で、大変危険な状態なので、発作時に舌が青白くなった場合はすぐに受診してください

通常、体温は正常ですが、炎症の影響で発熱する場合もあります

喘息の発作は再発が多く、長期間繰り返し起こることがほとんどです

 

診断|病歴と症状の観察、画像診断も重要


病歴と症状から暫定的な診断は可能ですが、肺炎や気管支炎、胸膜炎、横隔膜ヘルニア、リンパ腫など症状が似ている病気との鑑別のために、レントゲン検査や血液検査など、各種検査を行います。

通常、喘息ではレントゲン検査で様々な異常が発見されますが、喘息に限ったものではありません。

場合によっては、異常が明らかではないこともあります。

 

治療|内服薬の投与と生活環境の整備


気管支拡張剤ステロイド製剤で症状を抑えつつ、原因と疑われるアレルゲンを生活環境から取り除きます。

また、状況に応じて、酸素吸入吸入療法などで治療します。

 

予防|アレルゲンから遠ざける


喘息を予防するためには、猫の生活環境から、アレルゲンになりうるタバコやハウスダスト、芳香剤や香水、花粉などを遠ざけることが重要です。

前述したような症状が見られたら、すぐに動物病院を受診しましょう。

 

■猫の喘息はこちらでも紹介しています

 

当院では2022年11月1日から2023年2月28日まで猫ちゃんの健康診断・定期検査キャンペーンを開催中です。猫の喘息も検査で早期発見ができる可能性がありますので、この機会に健康診断・定期検査を受診してはいかがでしょうか。

 

■猫ちゃんの健康診断・定期検査キャンペーンについての詳細はこちら

 

■お問い合わせはこちら

 

光が丘動物病院グループ

東京都練馬区に本院を置き、東京都内、埼玉県で4つの動物病院を運営しています

 

■分院名をクリックすると各院のページに遷移します

練馬本院(東京都練馬区)

 

川⼝グリーンクリニック(埼玉県川口市)

 

とくまるクリニック(東京都板橋区)

 

月島クリニック(東京都中央区)

 

<参考文献>

Julie E Trzil. Feline Asthma: Diagnostic and Treatment Update. Vet Clin North Am Small Anim Pract. 2020 Mar;50(2):375-391.

Carol R Reinero, Isabelle Masseau, Megan Grobman, Aida Vientos-Plotts, Kurt Williams. Perspectives in veterinary medicine: Description and classification of bronchiolar disorders in cats. J Vet Intern Med. 2019 May;33(3):1201-1221.

Christine M Venema, Coretta C Patterson. Feline Asthma: What’s New and where might Clinical Practice be Heading? J Feline Med Surg. 2010 Sep;12(9):681-92.

TOPへ戻る