スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > やっぱり考えてほしい、オス犬の去勢デメリット。

やっぱり考えてほしい、オス犬の去勢デメリット。

2015.11.20
オス犬の去勢
近年、さまざまの環境の変化によりほとんどの飼い主様が去勢手術を検討されていると思います。 メスの避妊手術と比べて、病気の予防という面ではやや価値が低い感もありますが、オス特有の行動に飼い主様が悩まれるケースも多く、多くの獣医師がオス犬の去勢を推奨しています。 実際ネットなどでは、去勢のデメリットについて意見が多数書きこまれていますが、獣医師側からの意見は多くないと思います。 今回は、皆さまの参考になればと思い、あえて獣医師としての意見として、去勢のデメリットについてご説明したいと思います

科学的な調査がなされていない

科学的な調査 さて、色々述べる前にこれを言っておかなければなりません。 オス犬の去勢のデメリットについては、大規模な科学的疫学的な調査をされていることはありません。 悲しいことですが、人間に比べて調査に費用をかけることができないので、何万頭という大規模な調査を行うことは不可能です。 ですので、実際に本当の去勢に関する正確なデメリットを述べることは、誰もできません。 えっ?と思うかもしれませんが、1つの事実として頭の中に入れておいてください。

麻酔を使用しないといけない

オス犬の去勢手術は非常にシンプルで短時間に終わる手術です。 ですが、やはり全身麻酔を使用します。したがって、麻酔のリスクが非常に少ないですがはらんでいます。 麻酔のリスクとは生死のリスクです。ここは絶対に考慮に入れるべき事項だと思います。

去勢後に太りやすい

これはよく知られていることですが、去勢後は太りやすくなります。 ホルモンバランスのせいだと言われていますが、正確には不明です。多分、お金をかけて調査すればわかるのだと思いますが・・・・。 無論、去勢を行ったオス犬の全員がそうなるわけではないですが、犬によっては体重コントロールが非常に困難になるケースも出てきます。

毛質が変わることがある

ある特定の犬種、特にミニチュア・ダックスフンドでよく起こります。 これもホルモンバランスの変化と言われていますが、どこがどう変わってそうなるのかは正確にはやはりわかっていません。 去勢後しばらくすると、子犬のようなフワフワした被毛が生えてきます。 これは本当に個人的な意見ですが、結構かわいいです・・・。

男の子らしい性格が変わる

shibaken 性格が変わって飼いやすくなるといわれていますが、裏を返せば男の子らしい猛々しい性格がなくなります。 オスらしさを残したいのであれば、やはりオス犬に去勢手術を施すのは避けた方がいいと思います。

心象として飼い主様の心に残る

当然、体にメスを入れて縫合するわけですから、いくら傷口が小さいといえども飼い主様の記憶には残ります。 人によっては軽いトラウマになることもあり得るので、これも去勢のデメリットになるかとは思います。

まとめ

去勢手術だけに限らず、世の中に起こる全てのことにリスクとベネフィットがあります。 最終的にはどちらのほうがより(価値が)高いのか、これで決めていくしかありません。 去勢手術は勿論、一生に一回のことですので、よく検討していただいて手術を受けていただきたいと思います。
TOPへ戻る