スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 去勢に予防効果が? 会陰ヘルニアという病気とは

去勢に予防効果が? 会陰ヘルニアという病気とは

2017.01.09
オス犬の去勢
犬の去勢に病気の予防効果があるということはご存知でしょうか? 実は、いくつかの病気で予防効果があるんです。 その中でも早いうちに去勢しておけば効果が高い病気というのが、 「会陰ヘルニア」です。 この耳慣れない病気、人にはほとんど見られないものですが、未去勢の雄犬には非常に多い病気なのです。

会陰ヘルニアってどんな病気?

犬 「会陰ヘルニア」とは、会陰部と呼ばれる肛門周囲において、筋肉と筋膜で構成される部分がもろくなって筋肉の隙間から内臓が飛び出す状態を言います。 特に肛門の周りということで、ヘルニアを起こして内臓が出てくると、腸や膀胱、脂肪組織などお腹の中に存在している腹腔内臓器が会陰部の隙間に出てきて溜まり、お尻が風船のように膨らみます。そして、出てきた内臓の種類によって排便障害や排尿障害といった複雑な症状が出てくるのです。 ほとんどの犬では直腸が出てきてしまい排便障害という症状が出ます。これは出口近くの腸が真っすぐにならなくなるのと、会陰部の筋肉が弱くなっていきみきれなくなるために、いきんでもウンチが出なくなる便秘のような状態になるのです。

会陰ヘルニア発症と去勢の関係

犬 この病気は未去勢で比較的高齢のオス犬に多く、去勢オスやメス犬にも全くないとは言えませんが確率的には未去勢オスが大半を占めています。 この理由は発症の原因を知ることではっきりします。 もともとオス犬はメス犬よりもお尻周りの肉付きが少ないうえに(これは人の体型と同じですよね)、男性ホルモンが影響して、高齢になるとともに筋肉の強度が失われていきます。 これによって筋肉の繊維が裂けたり隙間ができたりして、お腹の中との壁が失われて内臓が腹腔内から会陰部の隙間に出てきてしまうのです。 去勢をすれば、男性ホルモンの影響が無くなり、筋肉の強度が保たれやすくなります。 なので、若ければ若いほど筋肉量は多くしっかりした状態を長く維持できるのです。

会陰ヘルニアの治療法とは?

犬 治療法は、一つ。 完全に治すためには「手術」という方法を取るしかありません。 これが大きな問題点で、会陰ヘルニアの手術方法は高難易度とは言わないまでも非常に複雑な手術で、再発率も比較的高い病気です。一つの手術方法だけでは手術ができない場合もあるので、いくつかの方法を知っておく必要もあります。 そんな手術を高齢の犬に受けさせる飼い主さんの気持ちはとても複雑ですよね。

まとめ。去勢のメリットは高い!

犬 いざ病気になってからでは、悩みどころがたくさんありすぎて困る病気です。 なので、技術的には簡単に終わる去勢手術を若いうちにしておくことはとても大切なのですね。
TOPへ戻る