スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 長期的な治療が必要になることも│犬のアレルギー性皮膚炎について

長期的な治療が必要になることも│犬のアレルギー性皮膚炎について

2022.11.16
犬の病気

犬のアレルギー性皮膚炎は、強いかゆみが特徴の、アレルギー性の皮膚病です。

アレルゲン(アレルギーの原因となる物質のこと)により、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、ノミアレルギー性皮膚炎などの種類に分かれます。

完全にアレルゲンを除去するのが難しい場合は、治療が長期に及びます。

犬のQOL(生活の質)に深く関わる病気で、なるべくストレスのない程度まで症状を抑えることが治療の目的です。



原因|アレルゲンに対する過敏反応


犬のアレルギー性皮膚炎の原因は、アレルゲンに対するアレルギー反応です。その反応が強いとかゆみや炎症を引き起こします。

 

アレルギー体質は、遺伝や生まれた直後の環境などが関与しているのではないかと考えられていますが、はっきりしたことはわかっていません。

ただ、以下の犬種で多いと言われています。

 

○ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア

○フレンチ・ブルドック

○ワイヤー・フォックス・テリア

○柴犬

○シー・ズー

 

また、アレルゲンによって以下の病名に分けられます。

 

○食べ物→食物アレルギー

○花粉やダニ・ハウスダストなど→アトピー性皮膚炎

○吸血時に体内に入るノミの唾液→ノミアレルギー性皮膚炎

 

症状|強いかゆみ・併発する感染性の皮膚炎


症状としては、強いかゆみから体の一部を舐める、噛む、かく、などが見られます

皮膚のコンディションが悪くなることで皮膚バリア機能が低下し、他の皮膚病を併発しやすくなります。

膿皮症マラセチア性皮膚炎の根本原因の1つとも考えられています。

 

症状が進行すると脱毛や色素沈着、石灰化なども見られることもあります。

 

多くの症状は、目の周り、口の周り、足先、脇、股などで左右対称に出る一方、接触性皮膚炎ではアレルゲンとの接触部位のみに症状が出ます。

 

診断|時間をかけた総合的な判断が必要


診断は、ほかの病気の可能性を除外しながら、総合的に行います。

ノミアレルギー性皮膚炎のように原因がはっきりしているもの以外は、診断に時間がかかります。

 

アレルゲンを特定するためにアレルギー検査を提案することもあります。

 

治療|治療は長期に及ぶためトータルで健康的な生活を


治療は、アレルゲンの除外スキンケア薬でのかゆみのコントロールが軸になります

 

ノミやダニが原因の場合は定期駆虫でほとんどは再発が防げます。しかし、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎の多くは、治療が長期に及びます

食物アレルギーでは除去食による食事療法を行います。また、アトピー性皮膚炎では環境の改善やブラッシング、着衣などでアレルゲンをできるだけ回避します

 

皮膚バリア機能は本病の発症に関わりが大きく、スキンケアも重要です

 

ほかに、根本治療として再生医療や減感作療法などもあります。

 

治療のゴールは完治ではありません。

犬と飼い主、双方にストレスの少ないレベルまでかゆみを抑えることが目的です。

 

本病に限らず、トータルで健康的な生活を送ることは犬のQOLに大きく貢献します。

全身の健康を目指し、一緒に考えていきましょう。

 

■お問い合わせはこちら

TOPへ戻る