スタッフインタビュー

HOME > 求人情報 > スタッフインタビュー > 光が丘動物グループ病院副院長/川口グリーンクリニック分院長 鈴木 康之
光が丘動物グループ病院副院長/
川口グリーンクリニック分院長
鈴木 康之

光が丘で働いてよかった
そんな人を1人でも増やしたい

鈴木 康之
鈴木 康之

先生のプロフィールを簡単に教えてください

日本獣医生命科学大学出身で、卒業後からずっと光が丘動物病院グループに勤めています。なので、もう勤務して14年目になりますね。現在は川口グリーンクリニックの分院長を勤めています。

川口グリーンクリニックの特徴や魅力について

他の分院にも共通することですが、飼い主様とのコミュニケーションやホスピタリティを大切にしています。レベルの高い医療を提供することは病院としてもちろん大切です。ですが、飼い主様としっかり対話を重ね、患者に合わせた対応や治療を心がけています。
また売上や設備・収容規模・症例数などの面でも、光が丘動物病院グループの中では4番バッター的な立ち位置にあるのが、川口グリーンクリニックです。整形外科を中心に手術の紹介が他の分院から回ってくることも多く、対応できる症例の幅が一番広い点が大きな特徴になります。

分院長として心がけていること

飼い主様としっかりコミュニケーションを重ね「何かあった時はまた受診したいな」と思っていただくことが一番大切だと思っています。そういった病院を作っていく上で、私おん場合はスタッフに細かく指示を出したり、トップダウン的なやり方はしないようにしています。動物病院だけに言えることではないと思いますが、トップに立つ人間の考えや働く姿勢というのは、組織全体に強い影響を与えます。発言せずとも、私の一つひとつの立ち振る舞いが周囲のスタッフや病院の雰囲気に影響を与えるという自覚があるからこそ、自分自身が目指したい病院の雰囲気やあるべき姿を体現できるように努めています。

鈴木 康之

病院の雰囲気について

かなり主観的な表現にはなりますが、病院の雰囲気やスタッフ同士の関係性はとても良好だと思います。飼い主様にとって良い病院であることはもちろん大切ですが、それはスタッフが楽しく働いていることが大前提にあると思います。スタッフ間に良い空気が流れていれば、それは飼い主様にも伝わりますし、病院への信頼に繋がると思います。なので飼い主様だけでなく、スタッフへの配慮や気遣いは大切にしています。

入社後の働き方について

新人獣医師に関しては教育プログラムがあるので、夏前頃に診察に出ることを目標に段階的にステップアップしていただくことができます。動物看護師さんについては現在グループ共通のプログラムを作成中です。川口グリーンクリニックでは、以前から新人教育をきめ細やかに行っていたので、新人の方もスムーズにスキルアップしていただけると思います。

仕事以外のコミュニケーションについて

コロナ前は定期的に飲み会を開いたり、仕事終わりに食事へ行ったり、みんなでバーベキューをしたり、仕事以外の場面でもコミュニケーションを取るようにしていましたね。

鈴木 康之

勤務時間について

川口グリーンクリニックは自由診療で運営していますが、動物看護師はシフト制にしているので基本的に定時で帰宅しています。獣医師は繁忙期だと20時頃になることもありますし、私の場合は指名されることも多いので、帰宅が遅くなることもあります。ですが、基本的には獣医師も定時、または1時間程度の残業時間で終業できるよう心がけています。私の診療が長引いてしまった場合にも、他のスタッフには帰宅してもらうように配慮しています。

求職者へのメッセージ

入社していただいた方には、当院で働いてよかったと思ってもらえるような病院を目指しています。確かに楽な仕事ではありませんし、症例数も多く、忙しい病院ではあります。ですが、たくさんの臨床経験ができるというメリットもあります。良い人間関係・職場環境・充実した手当というのが、当グループの魅力だとは思うので、一度見学にいただけると嬉しいです。

 

TOPへ戻る