スタッフインタビュー

HOME > 求人情報 > スタッフインタビュー > とくまるクリニック 獣医師 本野 翔太
とくまるクリニック 獣医師
本野 翔太

適切な勤怠管理で
自分の時間を大切にできる

本野 翔太
本野 翔太

入社のきっかけについて

東京農工大学を卒業後、横浜にある病院に就職しました。院長と2人だけの小さな病院で、日々忙しく診療にあたっていました。診察終了後も夜は緊急用の携帯電話を持ち、電話があれば対応するような感じでした。そんな中、ある程度自分の時間も大切にできるような病院に勤めたいと思うようになり、転職を決断したのがきっかけです。

実際に光が丘動物病院グループに勤めてみて

私はとくまるクリニックで勤務しているのですが、午前中の診療が10時00分~12時30分、午後の診療時間が16時00分~18時30分と診察時間も比較的短く、診療開始時間も遅いので、体力的な負担はかなり軽減されました。もちろん夜間の対応もありませんしね。大体9時40分くらいに出社して、19時30分くらいに退勤しています。
とくまるクリニックの場合、完全予約制で夜間の手術もなく、時間通りに診療が進むので、就業時間を管理しやすいんだと思います。

光が丘動物病院グループでの働き方

私の所属はとくまるクリニックになるのですが、週に1日だけ練馬本院でも診療にあたっています。この働き方は病院側の要請で決まった形にはなりますが、他の分院の先生方とコミュニケーションを取れる機会になりますし、通勤の負担もないので、よかったなと思っています。

本野 翔太

他の分院との連携について

グループ内ですべてのカルテが共有されていて、他の先生が担当した症例やその治療法を見ることができます。カルテを見ることで、他の先生の診療の仕方を勉強することができます。また、分院同士で内線が繋がっているので、他の先生方に診療や手術のことで相談することもできます。もちろんLINEなどを使って、個別に相談させていただくこともあります。
獣医師の数が多いと相談できる窓口が増えますし、それぞれの先生から治療の進め方を学べるので、獣医師としてメリットを感じます。

働く環境や働きやすさについて

完全予約制での診療を初めて経験しましたが、来院する症例を事前に把握でき、症例に対しての用意もできるので、そういった点に魅力を感じます。完全予約制とはいえ、ホームドクターとして急な容態の変化に対しても、できる限り対応するようにはしています。
また産休や育休を取得しやすいので、女性にとっても働きやすい職場なのではないかと思います。実際に育休後に復職される方は多いです。パートタイムで働くこともできるので、そういった柔軟性が働きやすさに繋がっているんだと思います。

求職者の方へ一言

当グループでは、一次診療でよくみられる症例は一通り経験できますし、ライフワークバランスを大切にでき、それぞれが思うスタイルで働くことができると思います。自分らしいバランスで仕事をしたい方はぜひ一度見学に来てください。

 

TOPへ戻る