関節炎サプリメント

2019/09/12

老犬・老猫になってくると、人と同じように関節の動きも悪くなり、痛みを抱える子も少なくありません。

その痛みは伝わっているか…?

しかしながらワンちゃん・ネコちゃんは「最近膝が痛くてね…」「腰が痛むんだよなぁ~」と言葉では痛みを人に伝えてくれません。

彼らの「痛み」のサインをいちばん拾ってあげられるのは、いつもそばにいてちょっとしたことでも気づいてあげられる飼い主様だけです。

見えないサインを拾ってあげてください

痛みを抱えた動物が起こすリアクションとして、一番わかりやすいのが「動かない」「動きが鈍い」「散歩に行きたがらない・時間が短くなった」ネコであれば「高いところに上がらなくなった」など、一見「歳をとったからかな?」と思われがちな行動です。

でも、この「歳をとったから」で済ましてしまうと、ワンちゃん・ネコちゃん達はその痛みをずーと抱えて暮らしていかなければなりません。

まずは薬ですが…

その痛みから解放してくれるもので一番効果があるのは「痛み止め」の薬でしょう。

病院でも関節にまつわる痛みを抱えた子にはまず痛み止めを処方します。

一時的に強くなった痛みを薬で抑えた後、獣医師さんは炎症を抑える効果が期待できるサプリメントを処方するケースが増えてきています。

そのサプリメントの中でも私たちが一番お勧めするのが

「アンチノール」です。

天然由来の成分で、薬と同じような効果が期待できるサプリメントが各種発売されてきており、痛み止めを生涯のませるよりも体に負担がかかりません。

なんといってもサプリメントの製造過程にこだわりを持っているところではないでしょうか。

アンチノールは有効成分をその効果が失活しないよう、熱や加工を最大限に抑え、カプセルに詰めてあります。

飼い主様の声が一番

そしてもう一つの理由は飼い主様の反響です。

「ワンちゃんの散歩の時間が伸びた!」「以前より生き生きと暮らしている」

中には「動きも良くなったが外耳炎も良くなった!」と、体の中のほかの部分の炎症も抑えてくれているのでは?と効果を実感しています。

当グループで最も反響も多く、継続されている方が多いサプリメント

アンチノールが気になる方はぜひスタッフまでお声かけください!