ワクチン・寄生虫予防|練馬区の動物病院なら、光が丘動物病院|日本一の総合獣医療へ

光が丘動物病院
TEL 03-3939-3760TEL 03-3939-3760

診療内容

すべての生命に尊厳を・・・常に高度獣医療に力を入れつつ、ホームドクターとして親切・丁寧な診療を心がけています

・日々の健康面の相談にも全力で対応します。

・術後や高齢のペットのリハビリもご相談ください。

ワクチン・寄生虫予防

ワンちゃんのワクチンプログラムワンちゃんの寄生虫ネコちゃんのワクチンプログラム

ワンちゃんのワクチンプログラム

ワンちゃんのワクチンプログラム

ワクチンで予防できる犬の病気には、つぎのものがあります。 ワクチンは、いつ接種するかのタイミングが重要です。とくに子犬の場合は、親ゆずりの免疫(移行抗体)が残っているので、これが切れる時期をみはからってワクチン注射をすることが大切です。

  • 犬ジステンバー
    発熱、下痢、神経症状などが起こり、全身がおかされ、治ってもいろいろな後遺症に悩まされます。1歳以下の子犬に発病することが多く、死亡率も高い病気です。
  • 犬アデノウイルス2型感染症
    アデノウイルスによる感染症で、肺炎や扁桃炎など呼吸器病を起こします。
  • 犬伝染性肝炎
    こちらもアデノウイルスによる感染症で、肝炎を主とし、嘔吐や下痢、食欲不振などが起こり、目が白く濁ることもあります。子犬では突然死することもあるこわい病気です。
  • 犬パラインフルエンザ
    パラインフルエンザウイルスによる呼吸器病で、咳や鼻水、扁桃炎を起こします。アデノウイルスや細菌といっしょに「ケンネルコフ」と呼ばれる犬のカゼ症候群をひき起こします。
  • 犬パルボウイルス感染症
    血液のまじったひどい下痢や嘔吐を起こす腸炎型がよく知られていますが、子犬にも突然死をもたらす心筋型もあります。伝染性が強く死亡率も非常に高いこわい病気です。
  • 犬コロナウイルス感染症
    腸炎をひき起こす感染症です。下痢や嘔吐が起こります。パルボウイルスと混合感染すると症状はいっそう重くなります。コロナとパルポをいっしょに予防することが大変重要です。
  • 犬レプトスピラ病 黄疸出血型・カニコーラ型
    人と動物共通の、細菌によって腎臓や肝臓がおかされるこわい伝染病です。いろいろなタイプがありますが、代表的なのは、歯ぐきの出血や黄疸がみられる黄疸出血型と、高熱、嘔吐、下痢を起こすカニコーラ型の2種です。アウトドアで活動する犬ほど感染しやすいので、予防が大切です。
  • 狂犬病
    狂犬病予防法でワクチン接種が義務づけられています。犬を飼いはじめてから30日以内に1回、その後は毎年1回注射を受けなければなりません。 また、交付された注射済票を必ず犬に着けておかなければなりません。

ウイルスによる腸管のダメージ

初めてワクチン接種をする方へ

  • 初めてのワクチンでは、確実な免疫をつくるために複数回の注射が必要です。注射後免疫ができるまで約3週間は、病気の動物に近付けないようにしてください。 また、年に1回の追加接種が必要です。
  • 注射後は、はげしい運動やシャンプーはひかえてください。
  • ときに接種反応がでることがあります。注射部分の痛みや腫れ、元気や食欲がなくなる、顔や眼がはれるアレルギー反応などがみられたら、すぐに当院へご連絡ください。
このページの先頭へ

ワンちゃんの寄生虫

フィラリア

こんな症状は危険信号

フィラリアは、犬の心臓や肺の血管内に寄生し、血液中の栄養分を吸って生きる細長いそうめんのような白い虫です。成虫は長さ約17~30cmで、感染すると心臓・肺はもちろんのこと肝臓・腎臓などに異常をきたします。犬フィラリア症は発見が遅れると死に至る確率の高い、犬にとって大変恐ろしい病気です。しかし、きちんと予防していれば100%防ぐことができる病気といわれています。

一度、犬フィラリア症にかかってしまうと、心臓に寄生したフィラリア成虫を駆除することは、たいへん難しく、治りにくい病気となってしまいます。急性に移行した場合では、突然、激しい症状を示すことがあり、何もしないと数日から1週間ほどで死亡してしまう例が多く、死に至らなくともその後の経過はよくありません。

犬フィラリア症にかかってしまうと、フィラリア成虫を体内より取り出す手術をしなくてはなりません。愛犬の体をはじめ、手間や金銭的にも、負担は大きくなります。また、フィラリア成虫は雄で約17cm、雌では約28cmにもなり、手術も大手術となってしまいます。

はじめは目立たず、気がつきにくいフィラリアの症状

フィラリアが引き起こす数々の症状は、はじめあまり目立たず、ともすると見落としてしまいがちです。
お腹が膨らみ、息づかいが荒く、尿が赤みを帯びるなどの症状が見られるようになると病気はかなり進んでいます。
特に小型犬では心臓が小さい分、重い障害を引き起こす可能性があり、十分な注意が必要です。
したがって犬フィラリア症には、定期的な検査による早期発見と、継続的な予防が何よりも大切です。

今年もまた、蚊がフィラリアを運んできます。

蚊がフィラリアを運んできます

すでに犬フィラリア症に感染している犬の血液中にはミクロフィラリアと呼ばれる子虫が泳ぎ回っており(感染していてもミクロフィラリアが存在しない例もみられます)、その血液をミクロフィラリアと一緒に吸った蚊が健康な犬を刺すことにより、犬フィラリア症に感染します。すなわち、どこかに犬フィラリア症の犬がいる限り、毎年暖かくなって“運び屋”である蚊の活動する季節がおとずれると、あなたの愛犬は再びフィラリアに感染するおそれがあるのです。もし、フィラリア予防をせず、ひと夏を越せば約4割、ふた夏では約9割にもおよぶ犬がフィラリアに感染すると色いわれています。犬は人と違い、蚊に対して無防備ですから、室内にいるからといって安心ではありません。犬フィラリア症には、どんな犬でもかかってしまいます。また、適切な処置を行わないと死に至る、こわい病気です。

  • 食欲が減り、毛づやが悪くなる
  • 元気がなくなり、散歩を嫌うようになる
  • 咳や不自然な呼吸をする

このような症状の時には、犬フィラリア症が疑われます。お近くの獣医さんに相談してください。

たった一匹の蚊でも油断大敵!

フィラリアのライフサイクル

室内犬でも犬フィラリア症に感染することは珍しくありません。
面倒くさいなどの理由で途中で投薬を中止される方がありますが、小型犬だからといって寄生するフィラリアの大きさは変わるわけではないのです。
小型の室内犬だからこそ予防を行う必要があるといえるでしょう。

犬の消化管内に寄生する虫・回虫・鉤虫

回虫・鉤虫は犬の腸に寄生する虫です。回虫は毒素を出して、肺炎・肝障害などを引き起こすこともあります。

鉤虫は腸内で吸血するため、大量寄生すると重い貧血となり栄養状態を悪化させます。回虫・鉤虫ともに、子犬では死にいたる場合があります。
定期的な検査と駆虫を行うことが大切です。

回虫・鉤虫
写真提供:日本獣医畜産大学 佐伯英治先生

こんな症状は危険信号

いつもの散歩道で、回虫・鉤虫は待っています。

いつもの散歩道で、回虫・鉤虫は待っています

回虫・鉤虫はともに腸内に卵を産むので、卵は糞と一緒に排泄されます。回虫卵は、厚い卵殻に守られており土の中で長い間感染力を保ちます。
鉤虫卵は地中で孵化し、幼虫となります。これら回虫の虫卵や、鉤虫の幼虫がついた物を、犬が散歩の途中などに舐めたり口にしたりすると感染します。
さらに、鉤虫の幼虫は犬の皮膚からも感染することができ、回虫・鉤虫ともに妊娠した母犬から胎仔へも感染します。また、人に感染することもあります。

くりかえし、くりかえし。忘れないで、お腹の虫退治

忘れないで、お腹の虫退治

普段の生活の中で、絶対に回虫・鉤虫に感染しないという保証はありません。
住んでいる地域、犬の年齢や生活習慣の違いで感染の危険性は異なります。
必要な場合には糞便中の虫卵を検査し、重度の障害が発症する前に、定期的な駆虫を行うことが大切です。かかりつけの動物病院にご相談ください。

このページの先頭へ

ネコちゃんのワクチンプログラム

※猫の来院時の興奮を柔らげ、治療をスムーズにするため、洗濯ネットに入れてからカゴや袋へ入れて来てください。

ネコちゃんのワクチンプログラム

猫のワクチンには、3種混合ワクチンと、猫白血病ウイルスワクチンの2つがあります。今、ワクチンで予防できる猫の病気は次の4つです。
どのワクチンをいつ接種すればよいかは、猫の年齢やライフスタイルによってちがってきます。 3種混合ワクチンに猫白血病、クラミジア症を加えた「5種混合ワクチン」を取り入れました。一度の注射ですみますので、猫ちゃんの負担も軽くなります。詳しくは当院までご連絡ください。

  • 猫ウイルス性鼻気管炎猫ウイルス性鼻気管炎
    ヘルペスウイルスによる感染症で、ひどいクシャミ、咳、鼻炎などの呼吸器症状のほか、結膜炎をひき起こします。高熱で食欲はなくなり、鼻水と涙で顔中くしゃくしゃ、典型的なカゼの症状がみられます。
  • 猫カリシウイルス感染症猫カリシウイルス感染症
    かかりはじめはクシャミ、鼻水、発熱など、猫ウイルス性鼻気管炎にたいへんよく似ています。症状が進むと舌や口の周辺に潰瘍ができることもあります。
    また、ときには急性の肺炎を起こして死亡することもあります。
  • 猫白血球減少症猫白血球減少症
    白血球が極端にすくなくなる病気で、パルポウイルスが病原体。
    高熱、嘔吐、食欲がなくなり、下痢がはじまると脱水症状になります。
    体力のない子猫などは、たった1日で死ぬこともあるこわい病気です。
  • 猫白血病ウイルス感染症猫白血病ウイルス感染症
    白血病やリンパ腫、貧血、流産などを起こすほか、免疫力を弱めるため、他のいろいろな病気にかかりやすくなってしまいます。
    一般的な症状は、体重減少、発熱、脱水、鼻水、下痢など。
    感染した猫は80%が3年以内に死亡するといわれています。
    感染しても発病するまでは見た目は健康ですが、ウイルスを排泄し、他の猫へうつします。
  • 猫のクラミジア病
    クラミジア シッタシーによる感染症。
    菌は眼や鼻から進入するため、結膜炎、鼻水、クシャミ、セキがみられます。肺炎を起こすこともあります。
    ヒトに感染して結膜炎が起きた例も報告されています。
    感染してしまったら、命にかかわるだけでなく、あなたの猫が他の猫への感染源となってしまいます。
    猫たちのためにもしっかり予防しましょう。

初めてワクチン接種をする方へ

  • 初めてのワクチンでは、確実な免疫をつくるために複数回の注射が必要です。注射後免疫ができるまで約3週間は、病気の動物に近付けないようにしてください。 また、年に1回の追加接種が必要です。
  • 注射後は、はげしい運動やシャンプーはひかえてください。
  • ときに接種反応がでることがあります。注射部分の痛みや腫れ、元気や食欲がなくなる、顔や眼がはれるアレルギー反応などがみられたら、すぐに当院へご連絡ください。
このページの先頭へ

初めての方へ

光が丘動物病院公式アプリ
iOSAndroid

アクセス

練馬区旭町1-13-10
駐車場12台完備

詳しくはこちら

グループ病院

  • 東京都板橋区 とくまる動物病院
  • 埼玉県川口市 グリーンクリニック
  • 東京都港区 光が丘動物病院 麻布クリニック
  • 東京都中央区 光が丘動物病院 月島クリニック

光が丘動物病院月島クリニックのインスタグラムはこちら

  • インスタグラム
  • インスタグラムqr

協会会員

  • 日本動物福祉協会
  • 犬を飼うってステキですーか?
ページの先頭へ