動物たちと上手に暮らす|練馬区の動物病院なら、光が丘動物病院|日本一の総合獣医療へ

光が丘動物病院
TEL 03-3939-3760TEL 03-3939-3760

動物たちと上手に暮らす

上手に動物たちと付き合い、一緒に暮らすためのコツをつかみませんか

ワンちゃんと上手に暮らす

ごはんの話

こんな症状が見られたらアレルギーの疑いが!

ワンちゃんのアレルギーの原因になりうるものには 以下のような食材があげられます。

☆牛肉・羊肉(内臓・骨なども含む)
☆小麦・とうもろこし(パン・うどんなど)
☆魚介類
☆揚げ物(フライドチキン・ポテトチップス)

※要注意
ネギ類(長ネギ・タマネギ・白ネギ・ニラ・ニンニク)
→溶血性貧血を起こします。

当院では、以下のドッグフードをお薦めしてしています。

  • ユーカヌバカスタム
  • Dr’sダイエット
  • ベッツプラン
  • その他病院専用食、処方食

愛情のある手作り食や処方食ならば安心です。

自然食(手作りご飯)を 病院専用食(処方食)と併用するのも効果的です!!
※アレルギー症状をやわらげる治療は昔から行われていますが、 完全に治すには多大な時間と労力がかかります。
アレルギーのご相談は当院へ!

ワクチンの話

  • 8種混合ワクチン
    1回目 生後2ヶ月
    2回目 生後3ヶ月・・・その後毎年1回接種
  • 狂犬病ワクチン
    現在、日本において狂犬病の発症はありませんが、狂犬病は人畜共通伝染病であるため、年1回のワクチン接種が義務づけられています。脳神経を犯すウイルスです。
    ワンちゃんのワクチンプログラムのページへ

フィラリアの話

フィラリアとは、主に心臓に寄生する寄生虫です。これは、蚊によって媒介されますが、毎月1回の投薬で予防できます。蚊の出始める4月から、蚊のいなくなる12月までの投薬が望ましいでしょう。
ワンちゃんの寄生虫予防のページへ

日常の管理

耳・爪・肛門腺の手入れ

犬

犬のは分泌腺に富んでいるので、定期的に汚れをとる必要があります。特に耳の垂れている子は、汚れやすく、外耳炎なども起こしやすいので気を付けてあげましょう。
また、はのばしすぎによって怪我をすることもあります。伸びたら切ってあげましょう。
肛門腺とは、肛門の両脇にある分泌腺です。溜まりすぎると炎症を起こし肛門嚢炎となり、さらに破裂すると手術が必要となってしまう場合もあるので、溜まりやすい子は、定期的に絞ってあげる必要があります。(1ヶ月に一度がおすすめです) 日常の管理のご相談は当院へ!

犬と人間の標準年齢換算表

1ヵ月 2ヵ月 3ヵ月 6ヵ月 9ヵ月 1年 1年半 2年 3年 4年 5年 6年 7年
人間 1才 3才 5才 9才 13才 17才 20才 23才 28才 32才 36才 40才 44才
8年 9年 10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年 20年
人間 48才 52才 56才 60才 64才 68才 72才 76才 80才 84才 88才 92才 96才
このページの先頭へ

ネコちゃんと上手に暮らす

ごはんの話

こんな症状が見られたらアレルギーの疑いが!

ネコちゃんのアレルギーの原因になりうるものには以下のような食材があげられます。

☆牛肉・羊肉(内臓・骨なども含む)
☆小麦・とうもろこし(パン・うどんなど)
☆魚介類
☆揚げ物(フライドチキン・ポテトチップス)

※要注意
ネギ類(長ネギ・タマネギ・白ネギ・ニラ・ニンニク)
→溶血性貧血を起こします。

当院では、以下のキャットフードをお薦めしてしています。

  • ユーカヌバカスタム
  • Dr’sダイエット
  • ベッツプラン
  • その他病院専用食、処方食

猫

愛情ある手作り食や、処方食ならば安心です。

自然食(手作りご飯)を 病院専用食(処方食)と併用するのも効果的です!!
アレルギー症状をやわらげる治療は昔から行われていますが、 完全に治すには多大な時間と労力がかかります。
アレルギーのご相談は当院へ!

ワクチンの話

  • 3種混合ワクチン、猫白血病ウイルスワクチン
    1回目 生後2ヶ月
    2回目 生後3ヶ月・・・その後毎年1回接種

ネコちゃんのワクチンプログラムのページへ

FIV・FeLVの話

FIV・・猫免疫不全ウイルス(猫エイズウイルス)

FeLV・・猫白血病ウイルス

どちらも猫の免疫力を低下させてしまう恐ろしいウイルスです。
また、FeLVに関しては、最近ワクチンが開発され予防できるようになりました。
※感染しているかどうかは、わずかの血液を採取するだけで、調べることが出来ます。
FIV・FeLV検査やワクチンのご相談は当院へ!

トキソプラズマの話

トキソプラズマ症の検査を受けましょう。
猫のトキソプラズマ症は人畜共通伝染病であり、特に妊婦の方にとって重要な病気です。
トキソプラズマ症のご相談は当院へ!

イエネコのすすめ

FIP(猫伝染性腹膜炎)やFIV(猫エイズウイルス)など、ワクチンのできていない恐ろしい病気もあります。
ケンカによる怪我や、交通事故を避ける為にも飼い猫は戸外に出さずに家の中で飼ってあげたいですね。

猫と人間の標準年齢換算表

1ヵ月 2ヵ月 3ヵ月 6ヵ月 9ヵ月 1年 1年半 2年 3年 4年 5年 6年 7年
人間 1才 3才 5才 9才 13才 17才 20才 23才 28才 32才 36才 40才 44才
8年 9年 10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年 20年
人間 48才 52才 56才 60才 64才 68才 72才 76才 80才 84才 88才 92才 96才
このページの先頭へ

ウサギちゃんと上手に暮らす

飼育環境の話

温度、湿度の管理はとても重要です。

ウサギは基本的に、暑さに弱く、寒さに強い動物です。
30度以上の室温では熱射病になりやすく、湿気にもとても弱いので、梅雨の時季などは風通しを良くする必要があります。理想的な温度は18~24℃、湿度は30~50%程度です。

トイレの話

うさぎ

ウサギの体臭はほとんどありませんが、排泄物はかなり臭います。
正常な糞は乾燥している為、臭いは少ないですが、下痢をした時の軟便は独特の臭いを放ちます。
尿は体調にかかわらず臭います。最近では尿臭の取れるペレットが市販されていますが、一番良いのはトイレやケージの清掃をこまめにすることです。砂やペットシーツを取り替えるだけでなく、水洗いもして衛生的に保ちましょう。
尿の結晶はアルカリ性なので、乾くと白く尿の跡が残りますが、酢で溶かしてから拭くと簡単に取れます。

食事の話

ウサギは完全な草食動物です。
乾燥ペレットや野菜、牧草、その他の少量の果物や種子類をバランス良く与えるようにして下さい。

当院お勧めの良質なペレット
当院お勧めの良質なペレット

野菜類 果物類
良い食餌 悪い食餌 良い食餌 悪い食餌
にんじん
ブロッコリー
カブの葉
青梗菜
キャベツ
レタス
サラダ菜
小松菜
ジャガイモの皮
ジャガイモの芽
生の豆
ネギ
ニラ
ニンニク
りんご
メロン
ブドウ
イチゴ
バナナ
パイナップル
アボガド

シャンプーの話

ウサギのシャンプーは基本的に必要ありません。犬や猫と異なり、ウサギ自体に体臭はほとんどないですし、自分で毛繕いを頻繁に行うからです。しかし、下痢をした時などおしり周りが汚れた時や換毛期の時は必要なこともあります。

毛球症の話

ウサギはペットの中でも特に、几帳面に毛繕いしますが、猫と違って、胃の中に毛玉が出来ても、吐いて出すことは出来ません。また、幽門(胃から腸への出口)が小さいので、胃の中で毛玉となって胃をつまらせてしまう原因になります。これを、「毛球症」と言います。毛球症のウサギはとたんに元気がなくなり、治療を施さずにいると、時間の経過と共にどんどん衰弱していきますので注意して下さい。

  • 正常のレントゲン写真

    正常のレントゲン写真

  • 毛球症のレントゲン写真

    毛球症のレントゲン写真
    腸菅内に著しくガスが貯留している様子。

毛球症予防のために、次のような事柄に気を付けてあげましょう。

毛球除去剤
毛球除去剤

  1. ウサギは大きく分け一年で二回または四回換毛をします。
    個体によって時期や量は異なりますが、ほぼ全身の毛が抜け替わります。ブラッシングをまめに行いましょう。特にアンゴラ種のような長い毛を持つウサギは、毎日でもブラッシングが必要です。
  2. 線維成分の多い野菜や牧草を給餌して、消化管の運動を活発化させましょう。
  3. 「毛球除去剤」を投与します。(病院にて購入出来ます。)
  4. パパイヤ酵素、パイナップル酵素を投与する事も良いですが、効果の程は疑問視されています。

不正咬合の話

臼歯(奥歯)が伸びてしまった状態
臼歯(奥歯)が伸びてしまった状態

削り取った処置後の状態
削り取った処置後の状態

ウサギのような草食動物は常生歯と言って、人間のように歯は抜け替わらず、常に伸び続けます。

顎を横に動かして、食餌をすりつぶして食べる事によって歯は摩耗していきますが、個体差や食餌内容によって伸びすぎてしまうことが多々あり、食欲不振を引き起こします。特に臼歯(奥歯)が伸びてしまうと、歯ぎしりが多くなるばかりでなく、歯が刃物の様に尖ってしまい、舌や頬を傷つけてしまうことがあります。そうなる前に定期的に奥歯のケアが必要です。まめに病院でチェックしてもらいましょう。

歯ぎしりの回数が増えたり、口の周りが唾液で汚れやすくなったり、軟らかいものを好むようになった時は、注意が必要です。

去勢・避妊の話

ウサギもやはり犬や猫と同様に去勢や避妊が必要です。特に女の子の場合、3~4才を過ぎたころから、段々と子宮や卵巣の病気が増え始めます。長期にわたっての血尿や、陰部から膿が出ている場合などは子宮や卵巣の病気の可能性がありますので、早めに診察を受けた方が良いでしょう。

給餌の話

うさぎの給餌
うさぎの給餌

ウサギは食事を食べなくなると、お腹の中にガスが溜まってしまい、体調をすぐにくずしてしまいます。場合によっては家での介護も必要です。
その例として、スポイトやシリンジを使用した給餌のしかたがあります。
スポイトやシリンジの中に、裏ごしした野菜や、ふやかしたペレットなどを入れて、強制的に食べさせます。
ヨーグルトや野菜ジュースなどでも構いませんが、大切な事は自分から食べ始めるまで、2~3時間おきに食べさせることです。

うさぎ自身が楽な姿勢を保って上げてください。 

このページの先頭へ

初めての方へ

光が丘動物病院公式アプリ
iOSAndroid

アクセス

練馬区旭町1-13-10
駐車場12台完備

詳しくはこちら

グループ病院

  • 東京都板橋区 とくまる動物病院
  • 埼玉県川口市 グリーンクリニック
  • 東京都港区 光が丘動物病院 麻布クリニック
  • 東京都中央区 光が丘動物病院 月島クリニック

光が丘動物病院月島クリニックのインスタグラムはこちら

  • インスタグラム
  • インスタグラムqr

協会会員

  • 日本動物福祉協会
  • 犬を飼うってステキですーか?
ページの先頭へ