体調を崩しやすい時期です|練馬区の動物病院なら、光が丘動物病院|日本一の総合獣医療へ

光が丘動物病院
TEL 03-3939-3760TEL 03-3939-3760

最新ニュース

体調を崩しやすい時期です

2017.09.24

みなさんこんにちは!看護師の尾本です。

 

近頃は涼しくなったり暑くなったりと体調を崩しやすい時期ですね。

そんな中、私は寒暖差に身体がついてゆけず今月頭に少し体調を崩しました。そういう時、気持ちは元気なつもりでも身体の色んな所に症状が出ますね。

 

今回は、左手小指のさかむけが悪さをしてくれました()

ついついいつものように毛抜きで引っ張ってちぎったんです。これについては皮膚科の先生にダメだよ。と注意されました。

皆さんも真似しないでくださいね!根本を切るそうです。

 

普段なら少し血が出る位で化膿しても膿を出せば治るのですが・・・

今回は化膿せず赤く腫れあがり指先を触るだけで痛い。肉芽(にくげ)が出来始めていました。

しょっちゅうさかむけが出来るのですが、肉芽になるのは2年ぶりです。

 

2年前はその内治るだろうと放っていた結果、小豆大に育ちました。

整形外科に駆け込みましたが手に負えず更に悪化し、皮膚科を紹介されました。

行った先の皮膚科ではおじいちゃん先生が私の小指を見てすぐに「うん。肉芽だね。そのまま切っちゃおう。大丈夫。一瞬で終わる。」と言い、

私は促されるままベッドに寝かされジョッキン!!

小指の先を尋常じゃない痛みが襲ってきました。

大人になっても凄く痛い時は自然と涙が出てくるんですね~()

ありきたりな表現ですが、涙がボロボロとあふれて泣くのを我慢していても耐え切れない程本当に痛かったです。

こうして爪の3分の1がなくなり軟膏と抗生剤の服薬、2日置きの通院、赤外線治療で完治に1か月かかりました。

なので今回はすぐに近所の皮膚科に行きました。

2年前の出来事を話した後、先生がルーペで傷を覗き一言「切る程じゃないけど液体窒素だね。」

なんと!液体窒素を含ませた綿棒で傷部分をこすりこすり。

これは液体窒素で人為的な凍傷を起こすことで、肉芽部分を取り除く治療法だそうです。今回もかなりの衝撃と痛さでした。抗生剤を貰い1週間後に再診。

受診後3日位は小指の第一関節から先はジンジンとした痛みの感覚しかなかったです。

前回と違ったのは4日目以降痛みも腫れもひいたこと。驚きでした!

 

皆さんも小さいケガだから放っておけばその内治るなんて考える事があるかと思いますが、時には私のように大事になることがあるので気を付けましょう!

私の指先の写真は恥ずかしいので飼い猫のつま先をご覧ください(^^)/

このページの先頭へ

初めての方へ

光が丘動物病院公式アプリ
iOSAndroid

アクセス

練馬区旭町1-13-10
駐車場12台完備

詳しくはこちら

グループ病院

  • 東京都板橋区 とくまる動物病院
  • 埼玉県川口市 グリーンクリニック
  • 東京都港区 光が丘動物病院 麻布クリニック
  • 東京都中央区 光が丘動物病院 月島クリニック

光が丘動物病院月島クリニックのインスタグラムはこちら

  • インスタグラム
  • インスタグラムqr

協会会員

  • 日本動物福祉協会
  • 犬を飼うってステキですーか?
ページの先頭へ