ジブリ|練馬区の動物病院なら、光が丘動物病院|日本一の総合獣医療へ

光が丘動物病院
TEL 03-3939-3760TEL 03-3939-3760

最新ニュース

ジブリ

2017.06.12

皆様初めまして。看護師の金松です。

 

この春大学を卒業し、四月から光が丘の本院に勤務しております。

まだまだ未熟ではございますが、一人前の看護師になれるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願い致します。

 

私は小さい頃からずっとジブリが大好きだったのですが、久々にジブリ美術館に行こうと思いサイトを調べていました。

実は5月中旬までやっていた企画展示(約1年ごとに変わる期間限定の展示のこと)の中に大人も乗れる猫バスがあり、大学時代は時間があれば美術館に行って等身大の猫バスに乗っていたのですが、その大きな猫バスは映画で見た通り座った瞬間にフワフワの毛に包まれてゆっくり体が沈んでいくような柔らかい座席であまりの心地よさに座った方々は皆5分もしないうちにウトウトしていました。さつきちゃんとめいちゃんはこんなに素晴らしいバスに乗っていたんですね…!

 

そんな癒しの猫バスが恋しくなり、久々にチケットを取っていこうと決意したもののチケットは毎回早めに完売してしまうので、就職してからは全く行けていませんでした。

そのうち猫バスの展示も終わってしまい、トホホ…と思いつつ再来月こそは絶対に行こうとサイトを見ていたら、新しい企画展示が始まっていました!

新しい展示は「食べるを描く。」という展示で、ジブリ作品の中に登場する食べ物についての展示だそうです。

ジブリの中に出てくる食べ物って美味しそうですよね。パズーが作る目玉焼きパンや宗介がポニョと食べている卵入りラーメン、雫ちゃんが食べている鍋焼きうどん…。想像しただけでもお腹が空いてきます。新しい展示を見に行くのがとても楽しみです!

 

食べ物以外でも、ジブリには自然や様々な動物たちが登場しますよね。

ナウシカのテト、もののけ姫のモロやヤックル、魔女の宅急便のジジ、猫の恩返しのムタ…

平成狸合戦ぽんぽこに至っては、主人公が人間ではなくタヌキですよね。

私は犬や魚やカメなど小さい時から動物をたくさん飼っていたので、ジブリ作品を見るたびに動物に触った時の皮膚や毛の感触を思い出したり、飼ったことがない動物や知っている動物に似ているキャラクターを見たときはきっと触ったらこんな感触なんだろうなと想像を膨らませていました。

写真は以前美術館に行った時のものです。この中にとあるジブリキャラクターが隠れています。探してみてください!

このページの先頭へ

初めての方へ

光が丘動物病院公式アプリ
iOSAndroid

アクセス

練馬区旭町1-13-10
駐車場12台完備

詳しくはこちら

グループ病院

  • 東京都板橋区 とくまる動物病院
  • 埼玉県川口市 グリーンクリニック
  • 東京都港区 光が丘動物病院 麻布クリニック
  • 東京都中央区 光が丘動物病院 月島クリニック

光が丘動物病院月島クリニックのインスタグラムはこちら

  • インスタグラム
  • インスタグラムqr

協会会員

  • 日本動物福祉協会
  • 犬を飼うってステキですーか?
ページの先頭へ