17年2月のコラム 趾間膿胞|練馬区の動物病院なら、光が丘動物病院|日本一の総合獣医療へ

光が丘動物病院
TEL 03-3939-3760TEL 03-3939-3760

今月のコラム

17年2月のコラム 趾間膿胞

2017.02.15

趾間膿胞とは肢の感染症であり、主に指の間に見られます。皮膚深くの細菌感染により、崩壊した微生物や死んだ細菌等からなる膿で満たされた水泡を形成します。長期間の薬物療法や外科的手術が行われますが、治療を進めていく上で患部を清潔に保つことが一番重要になります。しかし膿胞形成により痛みや不快感を伴う為、わんちゃんたちはついつい肢を舐めてしまいます。気にし始めたら遊んであげる、カラーを着ける等の方法により、お家でわんちゃんたちがいじらないように工夫をしてあげることが治療の一環となります。

このページの先頭へ

初めての方へ

光が丘動物病院公式アプリ
iOSAndroid

アクセス

練馬区旭町1-13-10
駐車場12台完備

詳しくはこちら

グループ病院

  • 東京都板橋区 とくまる動物病院
  • 埼玉県川口市 グリーンクリニック
  • 東京都港区 光が丘動物病院 麻布クリニック
  • 東京都中央区 光が丘動物病院 月島クリニック

光が丘動物病院月島クリニックのインスタグラムはこちら

  • インスタグラム
  • インスタグラムqr

協会会員

  • 日本動物福祉協会
  • 犬を飼うってステキですーか?
ページの先頭へ