心の癒し|練馬区の動物病院なら、光が丘動物病院|日本一の総合獣医療へ

光が丘動物病院
TEL 03-3939-3760TEL 03-3939-3760

最新ニュース

心の癒し

2017.02.05

こんにちは。光が丘動物病院獣医師の遠藤です。

まだまだ寒い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私は、早くも桜の開花が待ち遠しいです。

さて、先日友人と午後のティータイムを楽しんでいた時のこと、

「年が明けてからすぐにインフルエンザを発症して、本当に辛かった!」

と、彼女からインフルエンザの話題が出ました。

毎年冬になるとインフルエンザの話題はニュースや新聞で取り上げられ、

今年も例に漏れず猛威をふるっているインフルエンザウイルスですが…

「それは、大変だったね…お仕事大丈夫だった?」

と返事をした自分の身にも魔の手が迫っていたとは、この時は知る由もありませんでした。

なんだか最近咳が出るようになったし、倦怠感がすごいな…寒気もするし…

疲れているのかな…寝れば治るか、なんて考えながら布団に入ったその次の日の明け方、

全身の熱感と関節の痛みで目が覚めました。熱を測ると、体温計には38.5℃との表示がありました。家に解熱剤もなく、これは早めに病院に行かねば!と近所の内科へ朝一番に駆け込みました。そして検査の結果、インフルエンザを発症していることがわかりました。

友人とはウイルスの型が異なり、私はインフルエンザA型ウイルスが感染していました。

インフルエンザ発症なんて、何年ぶりだろうと記憶を遡っても明確に思い出せないくらい久しぶりのことでした。

インフルエンザ発症と判明すると、病院ではマスク着用と他の患者さんと別の場所での会計をお願いされ、医師からは自宅療養と外出禁止期間についての説明がありました。

そこからは、仕事で毎日動物と触れ合っていた日々から一転して、約1週間自宅に籠る日々でした。一人暮らしをしていて病気になったことは何度もありますが、こんなに長い時間他の人に会わずに過ごしたことは初めてで、なんだか心細くなる瞬間もありました。

そんなちょっと寂しい日々の唯一の癒しが、実家から送られてくる猫の動画と写真でした。「最近買った新しい毛布がお気に入りで、よく潜って遊んでいるよ。」と言って妹が送ってくれた猫の写真が、動物が人間に与えてくれる癒しを実感できる一枚でした。

せっかくなので、今回はその写真をご紹介したいと思います。

これを御覧になれば、アニマルセラピーという言葉が生まれる理由もわかりますよね!(笑)

最後になりますが、皆さまもお体には十分気を付けて暖かい春を迎えて下さい。

このページの先頭へ

初めての方へ

光が丘動物病院公式アプリ
iOSAndroid

アクセス

練馬区旭町1-13-10
駐車場12台完備

詳しくはこちら

グループ病院

  • 東京都板橋区 とくまる動物病院
  • 埼玉県川口市 グリーンクリニック
  • 東京都港区 光が丘動物病院 麻布クリニック
  • 東京都中央区 光が丘動物病院 月島クリニック

光が丘動物病院月島クリニックのインスタグラムはこちら

  • インスタグラム
  • インスタグラムqr

協会会員

  • 日本動物福祉協会
  • 犬を飼うってステキですーか?
ページの先頭へ