ウイルス|練馬区の動物病院なら、光が丘動物病院|日本一の総合獣医療へ

光が丘動物病院
TEL 03-3939-3760TEL 03-3939-3760

最新ニュース

ウイルス

2016.12.18

看護師の関口です。 今年も残すところあとわずかですね。 毎日、毎月、毎年…年を重ねるにつれて時がすぎるのを早く感じるようになりました。 良くいえば充実している!んですよね~ さて!寒くなってくると気を付けたい病気がちらほら。 5歳の息子も今まで病気で吐いた事なんてほとんど無かったのですが、少し前に保育園のクラスで感染性胃腸炎が大流行しました!!

ある日、保育園にいつものようにお迎えに行くと先生が「クラスの子が吐いたので気をつけてください。」と・・・

その夜にDVDを返しに行った車の中で「なんか気持ち悪いような気がする・・・」と息子。

そのあとはご想像にお任せしますが、初めての割にはベテランでした。

幸い息子はその時、下痢と数回の嘔吐で済みましたが、それから6日後・・。

いつものようにこちらで出勤していると保育園から息子が吐いたと電話がきました。

そうです。この感染性胃腸炎は何度でもかかるのです。

前日にクラスの子がやはり2度感染し、夜中に吐き続け、点滴を打ったと聞いていたのでついにきたかと一度家に帰り、使い捨てのゴム手袋をしてマスクを装着。

車にはブルーシートと新聞紙、手桶にビニール袋をかぶせ、消毒液を抱え、いざ保育園へ!!

クラスに行くと「ままー!!」といつものように飛び付かれ・・・あれ?元気?

先生も「1度吐きましたがその後は元気でしたー!!」と。

私の装備品をみて先生に笑われたのは言うまでもありません(笑)

結局それっきりで家族にも移らずでしたが、具合の悪い時くらい静かにならないんだろうかと思うくらい、本人は至って元気でした。 親や担任の先生も移り辛かったとお聞きし、他の練馬区の保育園や、幼稚園でもかなり流行っていたようです。

なのに息子はそのお迎えの帰り道で、「まま、悪いことしたらういるす(ウィって発音できない)移すよ」と言われこの子はきっとういるすと共存しているんじゃないかとゾッとしてしまいました。 この感染性胃腸炎というものはいくつか種類があり、ウィルス性胃腸炎(ノロウィルス、ロタウィルス)、細菌や寄生虫によるものがあります。 そして厄介なことにこの子達は、環境にも強く乾いた場所では約10日間生きているようです。

消毒もアルコールやエタノールでは効かず、85℃1分以上の加熱と次亜塩素酸ナトリウム(ハイター等)が効果的です。 我が家では手にも直接使えて、ペットにも害のない次亜塩素酸の消毒液を長年愛用しているのでこの消毒液のおかげでもあるかもしれません。 皆様も胃腸炎に限らず、インフルエンザにもお気をつけ下さい~。

このページの先頭へ

初めての方へ

光が丘動物病院公式アプリ
iOSAndroid

アクセス

練馬区旭町1-13-10
駐車場12台完備

詳しくはこちら

グループ病院

  • 東京都板橋区 とくまる動物病院
  • 埼玉県川口市 グリーンクリニック
  • 東京都港区 光が丘動物病院 麻布クリニック
  • 東京都中央区 光が丘動物病院 月島クリニック

光が丘動物病院月島クリニックのインスタグラムはこちら

  • インスタグラム
  • インスタグラムqr

協会会員

  • 日本動物福祉協会
  • 犬を飼うってステキですーか?
ページの先頭へ