美味しく食べて健康に|練馬区の動物病院なら、光が丘動物病院|日本一の総合獣医療へ

光が丘動物病院
TEL 03-3939-3760TEL 03-3939-3760

最新ニュース

美味しく食べて健康に

2016.11.08

今回ひとりごと担当させていただく光が丘動物病院 獣医師の岩﨑です。どんなお仕事でも大変ですが、動物病院での勤務は座っていることもありますが、基本的には立ち仕事のため、さらに診察は体力勝負のところもあり、健康でいることには気をつけています。免疫力を高めることは大事だと思い、できる限りストレスをためず、笑顔でいられるよう努力をすること、さらに食べ物も可能な範囲で健康を取り入れようと意識しています。食べ物で身近なところでは、ヨーグルト、投入、野菜ジュース、ゆで野菜、スープなどなどです。この中で今回、ヨーグルトについてさらにお話ししたいと思います。ヨーグルトにも、含まれる乳酸菌の種類によって効果が違うようで、調べてスーパーに行くと、ついつい色々な種類のものをそろえたくなってしまいます。例えば「ガセリ菌SP株」は内臓脂肪の蓄積を抑制する効果、「LB81乳酸菌」は肌の弾力やキメ密度など皮膚機能の改善効果、「ビフィズス菌BB536」には花粉症の症状を緩和する効果、「ビフィズス菌BB12」は町内免疫機能を高めるといわれています。最後の腸においては腸内に働くことで最近バランスを良い状態にととのえ、健康を守ろうとする微生物として特別にプロバイオティクスと呼ばれています。この考え方や論理は犬・猫においてもあてはめられ、様々なフードやサプリメントなどが発売されてきていて、重要な健康維持のポイントになっています。

プロバイオティクスと同時に摂ると効果的といわれるプレバイオティスクスといわれる物質も存在します。オリゴ糖や食物繊維などがその代表です。これらはプロバイオティクスのエサになり善玉菌を増やすことができます。身近なヨーグルト1つとっても、効や目的がこんなにも異なることに、驚きませんか?

ヨーグルトは手軽にとれる健康食品なので、これからも積極的に摂っていこうと思っています。

%e5%b2%a9%e5%b4%8e%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%94%e3%81%a8

このページの先頭へ

初めての方へ

光が丘動物病院公式アプリ
iOSAndroid

アクセス

練馬区旭町1-13-10
駐車場12台完備

詳しくはこちら

グループ病院

  • 東京都板橋区 とくまる動物病院
  • 埼玉県川口市 グリーンクリニック
  • 東京都港区 光が丘動物病院 麻布クリニック
  • 東京都中央区 光が丘動物病院 月島クリニック

光が丘動物病院月島クリニックのインスタグラムはこちら

  • インスタグラム
  • インスタグラムqr

協会会員

  • 日本動物福祉協会
  • 犬を飼うってステキですーか?
ページの先頭へ