盲導犬|練馬区の動物病院なら、光が丘動物病院|日本一の総合獣医療へ

光が丘動物病院
TEL 03-3939-3760TEL 03-3939-3760

最新ニュース

盲導犬

2016.08.19

こんにちは。トリマーの清水です(^O^)

まずはお知らせを…現在わにゃっちアプリ内にハーブパック・トリートメントの半額クーポンが出ています。有効期限は22日までなので、その間にトリミングかシャンプーへ出して頂く方は、一緒にハーブパックはいかがでしょうか?

ハーブパックは事前予約の必要もありません。なので当日来てから「やってみようかな?」と興味があれば遠慮なく申し付け下さい。この機に是非お試しあれ(^O^)

 

 

さて話しは変わりますが、先日気になるニュースがありました。

東京メトロ線の青山一丁目駅のホームで、盲導犬を連れていた男性が線路に転落し、電車にひかれて命を落としたニュース。

駅員さんのアナウンスによる呼び掛けも虚しく…転落。監視カメラによると、盲導犬が内側を歩き、男性がホーム側を歩いていたとか。日本盲導犬協会によれば「盲導犬は線路側を歩くよう訓練してある。何故今回は人がホーム側を歩いていたかが疑問である。」とし、調査するとか…

 

このように盲導犬も完璧ではありません。それならばどう危機を回避するのか?それは我々周りの人が積極的に声をかけ、時には手を引いてあげるということ。

今回の事件も、駅員さんのアナウンスだけだと、目の見えない人からすれば正確に右や左に動くには困難だと思われます。やはりこの場合も近くの人が「動かないで!」と、声をかけたり、手を引いてあげるのが最善の策だったと感じました。

このように視覚障害を抱えて生活する方々には、線路へ転落して怪我をしたり、命を落とす方が年間で見ても意外と多いそうで、その解決の為にもいち早く全ての駅に転落防止の安全扉が設置されるのを心から願います。

そして聴覚・視覚による障害を抱えてる方を見付けた際は、周りに危険が無いかを我々が気にして見てあげることが大事なんだと思います。

 

 

※「今日の一枚」はハーブパック中&キレイに仕上がった、トイプードルの薄井マロンちゃんですp(^^)q

DSC_1640

DSC_1490

このページの先頭へ

初めての方へ

光が丘動物病院公式アプリ
iOSAndroid

アクセス

練馬区旭町1-13-10
駐車場12台完備

詳しくはこちら

グループ病院

  • 東京都板橋区 とくまる動物病院
  • 埼玉県川口市 グリーンクリニック
  • 東京都港区 光が丘動物病院 麻布クリニック
  • 東京都中央区 光が丘動物病院 月島クリニック

光が丘動物病院月島クリニックのインスタグラムはこちら

  • インスタグラム
  • インスタグラムqr

協会会員

  • 日本動物福祉協会
  • 犬を飼うってステキですーか?
ページの先頭へ