10年2月のコラム 膀胱炎|練馬区の動物病院なら、光が丘動物病院|日本一の総合獣医療へ

光が丘動物病院
TEL 03-3939-3760TEL 03-3939-3760

今月のコラム

10年2月のコラム 膀胱炎

2010.02.01

昨日から、トイレでじっとがんばっていたり、何回もトイレに出たり入ったりしている……もしかしたら膀胱炎ではありませんか?残尿感があり、排尿時に痛むため非常につらい病気です。また、膀胱内で結晶が形成されていたり出血があったりすると、それが尿の通り道に詰まってしまい、尿が出にくくなってしまう事があります。雄猫では雌猫よりも尿道が細く長いため詰まりが起きやすく、尿が全く出なくなってしまうと生命の危険もあります。
猫がこのような行動を示している場合は、可能であれば尿を採取して、すぐに動物病院へ連れて行ってあげて下さい。

このページの先頭へ

初めての方へ

光が丘動物病院公式アプリ
iOSAndroid

アクセス

練馬区旭町1-13-10
駐車場12台完備

詳しくはこちら

グループ病院

  • 東京都板橋区 とくまる動物病院
  • 埼玉県川口市 グリーンクリニック
  • 東京都港区 光が丘動物病院 麻布クリニック
  • 東京都中央区 光が丘動物病院 月島クリニック

光が丘動物病院月島クリニックのインスタグラムはこちら

  • インスタグラム
  • インスタグラムqr

協会会員

  • 日本動物福祉協会
  • 犬を飼うってステキですーか?
ページの先頭へ