08年7月のコラム 愛犬を暑さから守ってあげましょう|練馬区の動物病院なら、光が丘動物病院|日本一の総合獣医療へ

光が丘動物病院
TEL 03-3939-3760TEL 03-3939-3760

今月のコラム

08年7月のコラム 愛犬を暑さから守ってあげましょう

2008.07.01

夏の昼間は、反射熱の為に地面に近いほど温度は高くなります。人間に比べ背丈の低い犬は、その反射熱を強く受けます。そのため日差しの強い夏の昼間の散歩は熱射病の原因にもなりますし、アスファルトの熱で肉球がダメージを受けることもあります。夏の散歩は日差しの強い昼間を避け、朝や夕方に行いましょう。また、暑い日に犬を車内に置いておくことは非常に危険です。車内の温度は50℃にも達し、体温が上がり熱中症になります。愛犬をお留守番させる時は、風通しをよくしたり、クーラーを入れるなど工夫して快適な環境を作って上げましょう。

このページの先頭へ

初めての方へ

光が丘動物病院公式アプリ
iOSAndroid

アクセス

練馬区旭町1-13-10
駐車場12台完備

詳しくはこちら

グループ病院

  • 東京都板橋区 とくまる動物病院
  • 埼玉県川口市 グリーンクリニック
  • 東京都港区 光が丘動物病院 麻布クリニック
  • 東京都中央区 光が丘動物病院 月島クリニック

光が丘動物病院月島クリニックのインスタグラムはこちら

  • インスタグラム
  • インスタグラムqr

協会会員

  • 日本動物福祉協会
  • 犬を飼うってステキですーか?
ページの先頭へ