06年10月のコラム 犬のお尻のにおい袋を御存知ですか?|練馬区の動物病院なら、光が丘動物病院|日本一の総合獣医療へ

光が丘動物病院
TEL 03-3939-3760TEL 03-3939-3760

今月のコラム

06年10月のコラム 犬のお尻のにおい袋を御存知ですか?

2006.10.01

犬の肛門の両脇には、とてもにおいの強い液を出す袋(肛門嚢)があります。この液は排便の時に一緒に出されますが、興奮した時などにも出ることがあります。肛門嚢が詰まってしまうとこの液がつまい、お尻をなめたり地面に引きずって歩いたりします。ひどくなると炎症を起こしてしまいます。これを予防するにはこの袋を定期的に絞ってあげればよいのですが、絞り方にはコツがありますので、獣医さんに相談してみましょう。

このページの先頭へ

初めての方へ

光が丘動物病院公式アプリ
iOSAndroid

アクセス

練馬区旭町1-13-10
駐車場12台完備

詳しくはこちら

グループ病院

  • 東京都板橋区 とくまる動物病院
  • 埼玉県川口市 グリーンクリニック
  • 東京都港区 光が丘動物病院 麻布クリニック
  • 東京都中央区 光が丘動物病院 月島クリニック

光が丘動物病院月島クリニックのインスタグラムはこちら

  • インスタグラム
  • インスタグラムqr

協会会員

  • 日本動物福祉協会
  • 犬を飼うってステキですーか?
ページの先頭へ