06年7月のコラム 熱射病に気をつけて|練馬区の動物病院なら、光が丘動物病院|日本一の総合獣医療へ

光が丘動物病院
TEL 03-3939-3760TEL 03-3939-3760

今月のコラム

06年7月のコラム 熱射病に気をつけて

2006.07.01

犬は人間と違い、汗を出して体温を調節する事ができません。夏の日中の散歩は、人より地面の近くを歩く犬にとって熱くなった道路からの反射熱を直接あびることになります。足の裏をやけどする事もありますから、避けたほうがよいでしょう。また、戸外でつないで飼っているときは、犬の動ける位置に日陰で風通しのよい場所を作ってあげることも大切です。熱射病にかかると、犬はぐったりして呼吸が速くなってきます。すぐに、涼しい場所に移し、動物病院に連絡して獣医さんの指示をあおいでください。そのまま、放置すると死亡することもあります。とくに老犬や病後の犬は、夏の健康管理には十分注意して下さい。

このページの先頭へ

初めての方へ

光が丘動物病院公式アプリ
iOSAndroid

アクセス

練馬区旭町1-13-10
駐車場12台完備

詳しくはこちら

グループ病院

  • 東京都板橋区 とくまる動物病院
  • 埼玉県川口市 グリーンクリニック
  • 東京都港区 光が丘動物病院 麻布クリニック
  • 東京都中央区 光が丘動物病院 月島クリニック

光が丘動物病院月島クリニックのインスタグラムはこちら

  • インスタグラム
  • インスタグラムqr

協会会員

  • 日本動物福祉協会
  • 犬を飼うってステキですーか?
ページの先頭へ